移動販売とは

移動販売とは調理加工できる設備の整った移動販売車で、販売場所に移動し、飲食物や製品を販売することです。
普通の固定店舗とは違い、移動できるという利点を生かし、攻めの商売ができるという点で、売上を伸ばすことができます。 また、店舗家賃などもかからないので、固定費を抑えることができます。
近年では認知度も高まってきており、お祭りやスポーツ観戦イベントなど移動販売車の出店場所が増えてきております。

移動販売の出店には、テント出店やプレハブ出店よりも様々な面でメリットがあると考えられます。

banner

その1、 集客効果

移動販売を配置する一番の利点は集客効果だと思います。
今まで何もなかったところが一瞬にして賑わいを作り、ついつい寄ってみたくなる! 何かイベントをやってるのかな?と近づいてみたくなる。 美味しそうな匂いに誘われる。
人は賑わっているところに集まる修正があるので、その効果が一番発揮できるのは移動販売の強みです!

その2、 盛り上がり感の演出

ポップでカラフルな移動販売車がその場にあるだけでお客様は楽しさを感じ、そのイベントへの印象もグッと良くなります。派手な商品看板やのぼり、美味しそうな匂いや『いらっしゃいませ~』の掛け声がより一層盛り上げてくれます!
1~2台より5~10台並ぶとより一層豪華になります。

その3、 相乗効果

移動販売車を配置することにより、他の飲食店や物販店も売上が上がったケースがよくあります。
一度お金を使うと色々と欲しくなる経験をしたことがありませんか?お腹がすいて、移動販売車が来ていたの珍しいから買って食べた。そしたら色々買いたくなった。結果として全体の総売上が上がった!
そんなことが起こるかもしれません。

その4、 安心感

普段飲食営業を営んでいない素人さんが出すお店や、衛生面がキチンとしていない屋台さんのお店よりも、営業許可を得て設備の整った移動販売者でプロが販売するフードの方が安心して任せられると思います。
移動販売者には、その車に営業許可がおりていなければ販売できません。給水排水タンク・冷蔵・換気扇などの厨房設備が整って初めて営業許可が通ります。
また、普段から現場に慣れていないと段取りが悪く、販売開始時間に間に合わなかったり、行列ができてしまった時に慌ててしまい良いパフォーマンスができません。毎日のように現場で営業を行っている移動販売業者なら臨機応変な対応ができます。

その5、 低コスト

移動販売車はプレハブやテントの設営の必要がありませんので、車両を設置できるスペース(2m×4mほど)があれば0円で出店できます。
水道や電源もいりません。(場合によっては必要になるケースがございます。)また、イベント期間が終了すればすぐに撤退することができるのでテントの解体作業などの手間がありません。

banner

Copyright(c) 2013 Hokushin Catering. All Rights Reserved. Design by Cloud template