電線や高いところの作業でよく使われる「高所作業車」の人が乗る部分は実はFRP製が非常に多いんですね。

今回は破損してしまったバケット部分をFRP補修しました。

まずは破損個所を確認しサンダーで削っていきます。

内側からパテとFRPで積層していきます。

上手に貼れました。

続いて外側からFRPを貼っていきます。

硬化したらペーパー(#40~120)で平滑にし、板金パテで滑らかにしていきます。

ラッカースプレーで塗装してやれば完成です。

どこが破損していたかわからない仕上がりになりました。

最近はFRP製品の補修の依頼が多く寄せられるようになりました。

遊具やクーリングタワー、キャンピングカーのバンパーなどなど。

FRP製品、ゲルコート仕上げ製品などは弊社の得意分野ですので、お気軽にお問い合わせください!

カテゴリー: 補修